• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2018年10月08日(月)

歯科医療機器の国際標準化に日本代表団が活躍 ISO/TC106年次会議(ミラノ)

第54回ISO/TC106(国際標準化機構/歯科専門委員会)年次会議が9月16日〜21日の6日間、イタリア・ミラノのマリオットホテルで開催された。
日本からは牧野利彦団長(日歯副会長)、杉山茂夫副団長(同常務理事)をはじめ、根來紀行副団長(日本歯科材料器械研究協議会会長)、小田豊TC106日本議長(東京歯科大学名誉教授)ほか日歯器材関係委員会の委員や大学、歯科業界関係者など総勢86名が参加し、日常の診療で使用される歯科材料・器械の品質および安全性を確保するため、歯科材料・器械のISO規格の改訂作業や新規作成に向けて各国代表と審議を行った。
会議では、8つのサブコミッティ(SC)の中、SC7とSC9の2つで日本が国際議長(SC7:中嶌裕・明海大学歯学部教授、SC9:高橋英和・東京医科歯科大学教授)及び国際幹事を務め、ワーキンググループ(WG)のコンビーナ(座長)も2名増えるなど、日本の役割が増している。また、SC2/WG16では硬質レジンのCAD/CAM用材料及び3Dプリンター用材料の規格化、SC7/WG1では歯ブラシの毛先を丸める要求事項など、新たな歯科医療機器の規格化や安全・安心に向けた検討が行われた。
会期中の18日の午前には、牧野団長他関係者がシュマルツISO/TC106議長を表敬訪問し、来年、日本(大阪)で開催する第55回年次会議の運営に関わる詳細な打合せを行った。さらに、最終日のISO/TC106総会では、今里聡SC1日本議長(大阪大学大学院歯学研究科教授)から大阪会議のプランが紹介された。
次回年次会議は、来年9月15日〜20日の6日間にわたって、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催される予定。





http://www.jda.or.jp/jda/release/detail_68.html

>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲