• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2018年11月04日(日)

スーパーボールを口に入れた3歳児、母親に叱られ驚いて吸い込む…窒息状態続き死亡 (11/4(日) yomiDr)

スーパーボールを口に入れた3歳児、母親に叱られ驚いて吸い込む…窒息状態続き死亡
11/4(日) 7:11配信 読売新聞(ヨミドクター)
*********************************************************************************
 不慮の事故について、小児科医で緑園こどもクリニック(横浜市)院長の山中龍宏さんに聞きます。(聞き手・萩原隆史)
スーパーボールを口に入れた3歳児、母親に叱られ驚いて吸い込む…窒息状態続き死亡
----------------------------------------
窒息状態が10分続くと、ほぼ全員死亡
 子どもの様々な事故の中でも、極めて危険性が高いのが、喉に異物を詰まらせてしまう窒息事故です。窒息状態が5分続くだけで半数が亡くなり、10分たつとほぼ全員が死に至るほど時間が限られているためです。・・・(中略)・・・同様に窒息のリスクが高いミニトマトや大粒のブドウなどの食品については、喉にちょうど詰まるサイズというのが一番の問題です。大人と違って、子どもは奥歯が生えそろっていないため、うまくかみつぶせません。半分に切っても子どもにはまだ大きいため、四つに分割することが推奨されます。

全文は下記URLをクリック↓





https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00010000-yomidr-sctch

>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲