• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第526回臨床談話会開催 ご案内



あなたの質問をお受けします

第526回臨床談話会開催 ご案内

【3月23日(月)追記】
新型コロナウイルス対応のため、
開催を中止とさせていただきます。


日時:2020年4月19日(日)10:00〜13:00
講師:京都市開業 神戸良先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

近年、歯内療法に用いる機材や材料は目ざましい進歩を遂げた。マイクロスコープ、NI-TIロータ リーファイル、CBCT、バイオセラミックマテリアル、超音波機器など新しい機材、材料は毎年の ごとく新しい物が製品化され、その種類をあげれば枚挙にいとまがないほどである。これらの機 材、材料を日常臨床に適応することでかつては困難であった症例も良好な経過を得ることができ るようなったと感じることも多くある。しかし、機材や材料の進歩によって歯内療法を成功させ るためのコンセプトは変わったのであろうか?近代歯内療法の高い成功率はただ単に最新の機材 や材料を用いるだけでは達成することはできない。良好な予後は歯内療法を成功させるためのコ ンセプトに基づいた機材、材料を適用してこそ初めて得られるものである。我々が日常臨床で行 なっている歯内療法の目的は根尖性歯周炎の予防と治療である。この目的を達成する為に日々の 日常臨床で頻度が高く治療を困難にさせることがある既根管充填歯に対する再治療について「困難にさせる理由」、「問題解決のストラテジー」、「再治療介入の意志決定」を過去の文献を紐 解き、症例を交えながら再考したい。

[神戸良先生]
【略歴】
2005年
昭和大学歯学部卒業
2013年
京都市にて歯内療法専門医院 「RyoDentalClinic」 開業

【所属】
日本歯内療法学会
日本歯科保存学会
AAE(米国歯内療法学会)

【著書】
MTAその基礎と臨床 (ヒョーロンパブリッシャーズ 2016) 分担執筆
歯内療法の迷信と真実 (クインテッセンス出版株式会社 2017) 分担執筆
MTAを用いたエンドの臨床 (医歯薬出版株式会社 2018) 分担執筆
歯内療法を成功させるためのlogic (医歯薬出版株式会社 2018)

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2201 2単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2503 2単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2703 2単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!
臨床談話会開催日10日前まで(完全予約制)
ご予約のない場合はご利用できません。定員に達し次第締め切らせていただきます。


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]