• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2019年09月16日(月)

最新医療機器の展望とICTの利活用を学ぶ  ―社会保険指導者研修会

厚労省と日歯が共催する令和元年度社会保険指導者研修会が9月9日、都内の日本教育会館で開催された。
本研修会のテーマは、「最新医療機器の展望とICTの利活用」。総論として、小椋正之・厚労省保険局歯科医療管理官が「歯科保健医療を取りまく環境」を、林正純・日歯常務理事が「歯科医療の現状と課題」をそれぞれ講演した。
引き続き、研修1として須貝辰生・日本歯科器械工業協同組合副理事長が「最新の医療機器の現状と展望」、研修2として金田隆・日本大学松戸歯学部放射線学講座教授が「最新のCT、MRIとAI時代の画像診断」、研修3として石井規・日本歯科コンピュータ協会副会長が「医療とICT」について、それぞれ説明した。
また、挨拶で堀憲郎・日歯会長(代読:遠藤秀樹・日歯副会長)は「いよいよ2020年度診療報酬改定の議論が佳境を迎える。本研修会は、新しい情報や歯科界の方向性を共有する貴重な場であり、国民のための歯科保健医療の確保、充実に向けたオールデンタルの取り組みになることを期待する」と述べた。




r01_shidokensyu.pdf

>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲