• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2019年09月30日(月)

10月からの消費増税に向け事前確認のお願い  医療管理・税務担当常務理事 三井博晶

10月1日から消費税が10%に増税となり、軽減税率制度が実施される。これにあたり、以下の三点について、事前に確認されたい。
一点目は領収書の様式の確認。日歯としては、日本歯科コンピュータ協会を通じ、レセコンメーカー主要各社にすでに対応済みを確認しているが、各医院でも再度の確認をお願いしたい。また、レセコンを導入されていない医院では軽減税率対応レジスターの導入をお願いする。
二点目として軽減税率への対応。医院での販売品ガム・グミ・サプリメント等は食品表示法に規定される食品となり、軽減税率(税率8%)の対象となる。対象から除外される販売品(税率10%)は医薬品、医薬部外品、再生医療等の製品であり、医院販売品の分類の確認をお願いする。
三点目はポイント還元(キャッシュレス・消費者還元制度)事業において、保険医療機関は制度の対象外で、自由診療(保険医療機関以外の医療機関で行うものも含む)についても補助の対象外となるのでご注意いただきたい。
このコラムの配信は9月30日なので、明日からの消費増税開始に備えて、万全の対応をお願いしたい。


>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲