• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2019年09月30日(月)

前回改定の影響等を整理  ―中医協総会

中医協総会が9月11日、厚労省内で開催され、平成30年度診療報酬改定で新設した項目や要件の見直しを実施した項目等について、現時点での情報の整理が行われた。
厚労省は、次期診療報酬改定に向けた議論の第1ラウンドで取り扱った項目を中心に、平成30年までの「社会医療診療行為別統計(各年6月審査分)」「施設基準の届出状況(各年7月1日時点)」等を用いた最新の情報を資料提示。歯科については、▽周術期等口腔機能管理の算定回数は増加傾向で、特に周術期等口腔機能管理料(II)が手術前・後合わせて約3万7千回▽歯科訪問診療料の算定回数が全体的に増加傾向にあり、特に歯科訪問診療2および3の割合が多く、平成30年度は同2が最も算定が多い―ことなどを報告した。
また、30年度改定で新設された「歯科訪問診療移行加算」がイ・ロ合わせて約5,900回、「在宅等療養患者専門的口腔衛生処置」約4万4千回などの現状を説明した。




>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲