• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2019年10月07日(月)

ハイブリッドコートIIが区分C2で保険適用  改定時以外では4例目  ―中医協総会

中医協総会が9月25日、厚労省内で開催され、歯科関係医療機器として「ハイブリッドコートII」の保険適用を承認した。
診療報酬改定時以外で区分C2(新機能・新技術)での歯科医療機器の保険適用は4例目で、令和元年12月より収載される予定。
今回承認された「ハイブリッドコートII」は、象牙細管の封鎖又は歯質と修復物、補綴物等との界面の封鎖に用いる。
保険償還価格は、特定保険医療材料としては設定せず、新規技術料にて評価する。「M001 歯冠形成 1 生活歯歯冠形成」を行った歯に対して、歯科用シーリング・コーティング材を用いて、象牙細管の封鎖を目的としてコーティング処理を行った場合に、準用技術料「I001 歯髄保護処置 3 間接歯髄保護処置」30点を算定する。
なお、厚労省は年間約400万歯の適用を見込んでいる。



https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00039.html

>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲