• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2020年02月10日(月)

持続可能な社会保障制度構築に向け歯科の役割示す  ―社保審医保部会

社会保障審議会医療保険部会が1月31日、都内で開催され、「医療保険制度改革」について議論を行った。
日歯常務理事の林正純委員は、持続可能な社会保障に関して、歯科健診の充実、口腔機能管理の徹底、医科歯科連携推進、歯周病予防の推進等を歯科が行うことにより、健康な国民や働き手が増えていくことに貢献できると説明した。その上で、75歳以上の自己負担割合の問題は、かつて70〜74歳を2割負担とする際に、多くの時間をかけて丁寧に議論したことを挙げ、年齢がより高い世代に関しては、一層丁寧に対応するよう要望した。
さらに、高齢者の一部負担金の増加は受診抑制につながり、結果として重症化を招き、医療・介護費用が増加すると指摘し、さらなる配慮を求めた。
また、外来受診時の定額(ワンコイン)負担の導入については、弱者や高齢者を中心にさらなる負担を強いることとなり、社会全体で支えていく国民皆保険制度の根本、理念に相容れないとして反対した。


>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲